身近に役立つ東洋医学の発想術

東洋医学と易のユニークな発想で今日の一日をもうちょっとhappyに。

眼の下にクマのはっているこどもちゃん

こんにちは。易占と鍼灸の仙亀です。


テレビを見ていて眼の下にクマのあるこどもちゃんをみかけます。

街中でも姿勢が傾いて歩いている子どもちゃんなども、眼の下にクマのはっていることがしばしば。

f:id:hakushindou:20170824231002j:plain


赤ちゃんの時、眼の下にクマのはっているとき、便秘していることがあります。

排便が行き届かないと、お腹にうっ血します。

f:id:hakushindou:20170826204211j:plain


このうっ血は全身の血流にも滞りや負担をかけるので、皮膚の一番うすい眼の下などは、うっ血を示す「クマ」があらわれやすいです。

機嫌が悪く、眼の下にクマがはっているときなど、便秘で苦しんでいるのかもしれません。

f:id:hakushindou:20170805200734j:plain


子どもも大人も眼の下のクマは、血流の滞りや負担(解毒の追いつかない疲れ)の現れです。

寝不足や慢性的な疲労、病気などでしつこい眼の下のクマが取れないことがあります。

f:id:hakushindou:20170728215841j:plain


普段見られない眼の下のクマ、急な変化でビックリする人(とくに子どもの親御さん)から、心配でご相談受けることがあります。

もちろん、体調をちゃんと確認する必要はあるのですが、問診だけでひとまずお返事させていただき、必要であれば病院受診をおススメしています。

f:id:hakushindou:20170812151135j:plain


あれっ!?と思った時に、鍼の施術でお役に立てたらと思いますが、まずは知識だけでもお役に立てば幸いです。

急ないただいたご質問のお答えまで。

f:id:hakushindou:20170818210930j:plain