身近に役立つ東洋医学の発想術

東洋医学と易のユニークな発想で今日の一日をもうちょっとhappyに。

残暑の習慣「半身浴」、買い忘れた入浴剤

こんにちは。易占と鍼灸の仙亀です。


今週はこれから気温が高い日が続く予報が出ている東京都。

湿気や蒸し暑さでエアコンがどこに行ってもかかっています。

f:id:hakushindou:20170626144129j:plain



数年前の猛暑の折、節電ということでエアコン活用を控えたために、熱中症でなくなる方がたくさんいらっしゃったことがあります。

それを機に、とにかく節電よりも熱中症予防ということで、水分補給や栄養補給と同時にエアコンの活用が推し進められてきました。

f:id:hakushindou:20170728215841j:plain



もともとエアコンの冷気は自然の風とは性質を異にします。

自然の風は空気が動くことで体表の熱を奪い去ってくれるので、汗をジンワリかいてさえいれば、体温も下がり体感温度も下がります。

エアコンの冷気は冷風なので体表からカラダを冷やします。
瞬間的には吸い込む息やホテル体表が冷まされるので、とても心地よいです。

でも冷気は氷をカラダに押し当てるような性質を持っているので、開いている毛穴やゆるむ筋肉をこわばらせます。

f:id:hakushindou:20170805200734j:plain


特に一日中エアコンをかけ続けていると、エアコンの冷気の「邪気」を一日のどこかで抜く必要があります。

気温さえそれほど高くなければ、ちょっと外出してジメジメむし暑くても外の風に当たることで、毛穴や筋肉の冷えやこわばりはとり除かれます。

一時的にでも環境を変えることで、エアコンの冷えによるこわばりをリフレッシュできます。

f:id:hakushindou:20170810201009j:plain



そうはいっても暑いとなれば猛暑酷暑の日本の夏。

おいそれと外出するのは危険なこともあります。

そんなときこそ、毎晩「半身浴」の習慣を持っておかれるとよいです。

残暑の頃の半身浴は、汗をかくことが目的ではなく、毛穴や筋肉をゆるめて、冷たい息ばかり吸い込んでいた呼吸器に温かいウェットな息を吸い込むことで、呼吸器粘膜の血流をとりもどします。

f:id:hakushindou:20170812151135j:plain



最近咳症状や鼻風邪をひいているひとの中には、エアコンで冷えていることが原因の方も増えています。

半身浴でちょっとカラダと息がゆるむ時間を楽しめたらよいですね。

f:id:hakushindou:20170818210930j:plain



そんなバスタイムを楽しもうと、今日は出先で入浴剤を買ってみようかなぁと思っていました。

商店街のお店をぐるりと回っていると、薬局などはついつい後回し。

f:id:hakushindou:20170812203043j:plain


結局、目先のお買い物に心奪われて、本日のバスタイム用の入浴剤を買いそこなってしまいましたとさ。

入浴剤、次のお買いもののお出かけがたのしみです。

www.mag2.com