身近に役立つ東洋医学の発想術

東洋医学と易のユニークな発想で今日の一日をもうちょっとhappyに。

雨降りの晴れ間、カラダを感覚する取り組みについて

こんにちは。易占と鍼灸の仙亀です。


昨日と今日とぼくの住んでいる地域は晴れ間が続いています。

助かるのは洗濯もの。

しっかり乾きませんが、それでも表に干せるのはありがたい。

f:id:hakushindou:20170818210930j:plain



近所のスーパーにお買い物に出かければ、いまだにお野菜はちょいと高め。

季節の野菜が食べたいなぁと思いつつ、いろいろ悩み考えながら、買い物の品を選ぶこのごろ。



旬のものが高いのは、お天気が不順だから。

これから収穫されるおコメなど、ちょっと心配の種ですね。

f:id:hakushindou:20170818211006j:plain




ぼくはもともとインドア派。

それでも、この20年くらい、断続的に太極拳を続けてきました。

20年の間に3つの太極拳を3人の先生についてならってきました。

f:id:hakushindou:20170811205436j:plain



太極拳の起源は中国で、東洋医学と根本的な考え方が似ています。

太極拳を始めたきっかけは、そんな東洋の思想が息づいている「フィットネス」として太極拳をとらえていたからでした。

 

f:id:hakushindou:20170812151315j:plain


太極拳にはカラダを観察したり、気功のように感覚を磨いていく要素もふくまれています。

20年前についた太極拳の先生は、野口整体にも取り組まれていて、カラダの観察への造詣(ぞうけい)が深かったので、随分長い間お付き合いさせていただく期間がありました。


ぼくのライフスタイルの変化で、ご縁がなくなってしまったのですが、太極拳のカラダへの取り組み方はとても気に入っていました。


ずいぶん時間がたって、ふたたび太極拳に取り組める環境ができ、再開することを決めてご縁のあった太極拳が、武術的要素が満載。

お稽古の見学に出向いた時、とても穏やかな先生で、鍼灸師の資格もお持ちで開業もされていて、共通の東洋医学の話題でも共感させていただきました。

お稽古をお願いした当初、気がつかなかったのですが、習い覚える太極拳がカラダの観察というよりは、あきらかに武術的な要素が強く、習っていくのが怖くなってしまいました。

f:id:hakushindou:20170812203043j:plain



けっきょく、自分に合わないのかな、という思いから、気の合う先生だったのですが、お稽古から離れさせていただきました。


数年前、ひょんなご縁から太極拳を習っている方に先生役になって頂き、気功など保健や体育を中心にした太極拳のお稽古をお願いすることになりました。

しばらくして、太極拳という性質上からなのか、武術的な要素をふんだんに取り込むお稽古に様変わりしてしまい、やはり袂(たもと)をわけさせていただきました。

f:id:hakushindou:20170811205126j:plain



そもそも武術である太極拳だから、武術をして当然なのかと。

でも、武術をしたくない、戦うというイメージから離れて過ごしたいぼく自身の性質から、太極拳という取り組み方はかなわないのかなぁと。


ここ数日涼しい日が続きます。

なにかカラダを感じるフィットネスをしてみたいなぁと思うのですが、さてさて、今後何をしていこうかと思案中。

さいわい、先日、自分のカラダのバランスが崩れていることを実感したので、バランスする感覚をみちびきだし鍛錬する取り組みを見つけたので、しばらくそれで遊べるかと。

f:id:hakushindou:20170811205628j:plain


何か型にはまったお稽古にも魅力を感じるのですが、太極拳のこともありますし、取り組むお稽古の成り立ちなど、いろいろしらべてみようかな。


カラダを感じる、カラダをみちびく取り組み、いまひとつ具体的なイメージの湧かないまま、残暑の涼しい晴れ間を過ごします。

www.mag2.com