身近に役立つ東洋医学の発想術

東洋医学と易のユニークな発想で今日の一日をもうちょっとhappyに。

マンガの表現力、ちょっとつかってみたい

こんにちは。易占と鍼灸の仙亀です。


台風一過の東京都杉並区。

朝から強い日差しに見舞われて、ちょっと外出にちゅうちょするお天気です。

洗濯ものはよく乾きそうですが、ひとのカラダはすぐにでも「干からび」そうです。

f:id:hakushindou:20170626144129j:plain


今日の午前中は、毎週金曜日配信のメルマガの原稿に携わる時間を持てたので、挿絵もふくめて創作活動にいそしみます。


自分で淹れるアイスコーヒーですが、冷蔵庫の製氷機能がおいつかないほど、ひんぱんにアイスコーヒーを飲んでいます。



先日、ひょんなご縁でいただいたマンガ「きょうの灸せんせい」。

きょうの灸せんせい 1 (A.L.C.DX)

きょうの灸せんせい 1 (A.L.C.DX)

 


マンガの表現力やストーリーからつむぎだされる東洋医学への理解や、お灸への関心の導入。

ぼくもこんなマンガを描けたらなぁと、ついつい本職がなんなのかを忘れてしまいそうになります。


そう、ぼくは鍼灸師(ときどき易占家)。

マンガは専門の方におまかせして、次の作品が登場するのを楽しみにしています。



そうはいっても、マンガやイラストでの表現力を見逃していてはもったいない。

自分のメルマガにも、こうした表現力は必要と感じ、秋のメルマガからはイラストでの表現をちょっと積極的に力を入れていこうと思います。


ブログは自分の思いや考えを吐露していけばよいですが、メルマガは読んでいただく目的があります。
※ブログでも目的を持たせることはできそうですが、このあたり、ぼくはちょっとあいまい。

f:id:hakushindou:20170728215841j:plain



毎週読み捨てになってしまうメルマガですが、ひとつひとつの作品作りは一貫性を持って、ちょっと独自のこだわりも加えて表現を続けていけたらと思います。

さて、秋のメルマガ、オリジナリティを新たに加えながら、残暑の暑さにも負けずに製作中。

www.mag2.com