身近に役立つ東洋医学の発想術

東洋医学と易のユニークな発想で今日の一日をもうちょっとhappyに。

台風一過でお灸習慣

こんにちは。易占と鍼灸の仙亀です。


強い勢力台風5号

ぼくの住む東京都杉並区では、この時期、阿佐ヶ谷の商店街で七夕まつりがもよおされています。



長年阿佐ヶ谷に住まわれる方にうかがうと「毎年、七夕祭りの時はお天気が悪いのよぉ!」とのこと。

なるほど、今年も台風到来。



お祭りや交通機関には、様々な影響が出るでしょう。

そして、ひとのカラダも同様に。



今日は午後からお天気が崩れて、夜には強い風と大雨になる予報が出ていたそうです。

今朝からニュースなどをみる時間がないくらい、鍼の施術のご依頼をいただきました。

聞く人聞く人、お天気の最新情報を詳しくお話し下さいます。



一日室内で過ごすことを決め込んでいたので、お天気の状況はお越しになられる皆さんの帰りの足に問題がなければいいなぁくらいの関心しかありませんでした。



今日一日を通して、体調の不都合を訴える方々が多い中、意外とバランスが整ってきているなぁと感じます。

じつは今日お越しになられる方々は、先週から体調不良をうったえて鍼の施術をこまめにうけられていました。

台風の影響でカラダは過敏に反応するので、

・頭痛

・吐き気やめまい

・胃のむかつき、食欲不振

・けだるさ、下肢のだるさ

・腰痛、膝痛、関節痛

などを訴える方が多かったのですが、日頃手入れをされている方々は、比較的すぐに症状は軽快していきましたね。



長らく居座っていた台風5号ですが、ひとのカラダも負けてばかりいるわけではありません。

ある程度の日数を経ることで、ちゃんと順応していくわけですね。



やっかいなのは、台風一過。

8月の台風の過ぎた後は、とても気温が高くなります。

そのため、低気圧、悪天候、強い湿度の影響に慣れたカラダは、高気圧、猛暑、強い日差しに、あらためてコンディションを設定し直さないといけません。



さてさて、お天気が良くなり快晴となっても、洗濯もののようにカラッと晴れやかな体調をすぐには取り戻せないカラダ。

ひきつづき、鍼の施術で体調管理のお役に立てばと思います。



暦も秋を迎えると、ぼちぼちお灸の習慣を再開したら良いのかと、ご縁のある方々にアドバイスをはじめます。

メルマガの内容も、そんなお灸ネタが増えそうです。



今日、カウンターにポンッと何げなく置いておいたマンガ「きょうの灸せんせい」、目ざとく見つけてくれた高校生の患者さんにお貸しすることになりました。

きょうの灸せんせい 1 (A.L.C.DX)

きょうの灸せんせい 1 (A.L.C.DX)

 

 
若い方にもお灸の良さが広まってくれたら幸いです。

灸は日本の伝統文化などではなく、現代に息づく生活習慣。

お灸の種類や機能も現代風にアレンジされています。


今は暑くても、3月もすれば涼しい秋の風が吹き始めます。

カラダも毎日のお天気に順応させて過ごすばかりでなく、先々の季節の移ろいも視野に入れて、お灸習慣を楽しみます。

www.mag2.com