身近に役立つ東洋医学の発想術

東洋医学と易のユニークな発想で今日の一日をもうちょっとhappyに。

衝動と検証のお買いもの

こんにちは。易占と鍼灸の仙亀です。


昨日、午後からのお出かけの折、今年の夏物の洋服をを今更ながら買ってみようかな、という衝動に駆られました。

ぼくは普段から、あまり流行に頓着しないので、ワンシーズンの衣服を数年来ていることがあります。



ただ、今年の夏は昨年に比べると、かなり暑さを感じます。

手元にある夏物の衣服では、ちょっと場違いにも感じるし、機能的ではないと判断しました。



昨日、お店を見て回って目星をつけて、一度帰宅しました。

衝動的な思いに駆られて、衝動買いしてしまうよりは、このウキウキ感をたのしみつつ、もう一度、必要かどうかを見直します。



そして、今日のお仕事が終わってから、もう一度お店に今度はお買い物目的でお邪魔しました。



さてさて、昨日、あれほど「今年はこれだ!」と思っていたものに、少々違和感を感じ、結局、別のお洋服を購入しました。



昨日の衝動はかなり気分の要素が強く、イメージや雰囲気で決めてかかっていたようです。

帰宅してもう一度、例年にない今年の夏、本当に必要な洋服に求める要素は何だったのかを検証します。

・暑い夏ほど冷房で寒い

・今年の男性もののボトムスはくるぶしを出すほど短め

・自分の持っているトップスとの色の相性

・洗濯はしやすいか

・暑い時間帯の外出でも涼しさをえられるか

などなどを考えて、お店一押しの薄手のスッキリしたボトムスではなく、ちょっと生地の厚さがありつつも、ロールアップしてもかっちょいいシルエットの形のものを、3色別々なものを選びました。

ちょっと厚手の生地であった方が、エアコン対策にもなり、暑ければことしの流行りで裾をちょっとロールアップしてみればよいかと。

マネキンさんも、そんなロールアップしたボトムスはいていたし、これをお手本に購入を決定。



突然の雨ふりで濡れることがあっても、ひとまず3本あれば替えがきくから良いかなぁと判断しました。

夏の土用を迎えましたが、今年の夏の暑さを十分肌で感じての今回のお買い物は、自分なりに強い必要性を感じたうえでの判断だったので、まずは納得。


明日以降の着心地の確認を楽しみにしながら、お土産に買って帰ったたいやきをいただきながら、戦利品をながめます。
ふむ、良い景色。

www.mag2.com