身近に役立つ東洋医学の発想術

東洋医学と易のユニークな発想で今日の一日をもうちょっとhappyに。

適材適所、カレー屋さん

こんにちは。易占と鍼灸の仙亀です。


今日は午後、西新宿に所用がありおでかけしました。

ランチは知り合いの方がやっているカレー屋さんへお邪魔させていただきました。



ぼくは普段カレーを食べに行こうと思うと、ご近所にある行きつけのカレー屋さんがあります。

スパイスにこだわりを持っていて、使っているお肉やお野菜なども、選び抜かれたものを丁寧に扱っているところに、職人気質を感じます。

行きつけのカレー屋さんは、小さな駅のそばにあり、住宅街の最寄です。

そのため、地域の方々がお友達やご家族お揃いでお越しになられる方が多いようです。



スパイスの効いた数種類カレーは、それぞれに明確な違いがあり、メニューに多彩さを感じます。
ただ辛いばかりでなく、お客間の相についても配慮があります。

子どもちゃん用に辛いスパイスなしがあったり、キッズサイズをもうけてあるので、子連れも安心。

子ども用のいすや飲み物まで用意があります。

なるほど、地域に根付いているお店のコンセプト。



今日お邪魔した西新宿のカレー屋さんは、玉ねぎをたくさん使っていて、辛味がそれほど強くないのが特徴です。

ベースの玉ねぎが、奥深い出汁の味を効かせていて、辛味が少なくてもカレーとして充分満足感があります。

いただいたカレーは、食べやすいようにお肉がフワフワに柔らかくなっていて、疲れたカラダでも噛む必要がないので食が進みます。

オフィス街のど真ん中にあり、営業職の忙しいお客様が多いとのこと。

あまり辛いカレーだと汗が止まらなくなるので、辛さは控えめ。
噛む時間もあまりないので、そもそも噛まなくてもよい仕上がりに。

セルフサービスで思い思いの席につき、ご自分のペースで豊富なメニューから今日の自分にかなったものをオーダーするカタチ。

お値段の設定が低めになっていて、トッピングやサイドメニューをお好みでくわえていくスタイルなので、たくさん食べたい人はテーブルを賑やかにすることもできます。

甘めでうまみしっかり目のカレーですが、お客様から「辛いカレーが食べたい」という要望もあるそうで、激辛のメニューが最近増えたのだとか。

夏場、暑くなるとひそかにカレーの味つけをしっかり目にして、塩分補給がしやすくなる工夫もされているそうです。

ぼくがお邪魔した2時前でも、お客さんがたくさんいらっしゃったのも、こうした地域にかなったお店のスタイルが人気を呼んでいるのでしょうね。



暑い西新宿のオフィス街を歩いた後だったので、今日のお店でいただいた「地域にかなったカレー」は、とっても美味しく感じました。



ひとつのカレーも、ひとや場所のことを考えると「在り方」がみえてきます。

鍼もカレーも、そして、ひととかかわるお仕事には、適材適所な考え方がやっぱり必要なのだと、ポンポコリンになったお腹をさすりながら、ひとり合点するのだったとさ。

www.mag2.com