身近に役立つ東洋医学の発想術

東洋医学と易のユニークな発想で今日の一日をもうちょっとhappyに。

チューニング、適っていますか?

こんにちは。易占と鍼灸の仙亀です。


先週から今週にかけて暑い日が続きます。

暑いさなか、時折救急車のサイレンの音を耳にすると「熱中症かな?」と気にしています。

今年の夏は熱中症で搬送されている方が随分多いようですし、亡くなる方もいらっしゃるとか。

街中を歩いていると、その暑さに身の危険を感じます。



暑さも続くと「カラダが慣れてくる」と、多くの人は勘違いします。

そう、勘違い、です。


30度を超える暑さに、日本人のカラダは慣れることはありません。

暑さに鈍くなっていると気分的に暑さを感じないだけで、気がつかない間にカラダは暑さでどんどん消耗します。


・めまいやふらつき

・のぼせや口内炎などの腫れ症状

・頭痛や肩こり

・たちくらみ

・手足のむくみやこむらがえり


ここのところ、鍼の施術の折、胃の痛みを訴える方が増えています。

暑さで消耗したおカラダは、内臓の働きが落ちてしまい、その内臓を守るために過剰に腹筋が硬くこわばっています。

その過剰な腹筋のこわばりが「胃の痛み」の原因です。

連日の暑さで消耗している心臓のポンプは、内臓への血流を充分に高めることができません。

くわえて内臓機能の低下や腹筋のこわばりがあることで、お腹は貧血状態で筋肉痛のような痛み症状をおこしやすいです。

鍼の施術で腹部のこわばりをとり除くことで、こうした「原因不明の胃の痛み」症状は楽になります。



消耗の程度は人それぞれ。

そもそも暑さに慣れているヒトや体力のある人は一晩寝れば回復するのでしょうが、暑さに弱い人やもともと元気の少ない人は、連日の暑さでやはり体力を消耗し続けます。

自覚症状が出て、はじめて気がつく今年の「暑さ負け」。

連日の消耗が積み重なっての自覚症状ですから、カラダの不都合に気がついたら、まずは充分な回復時間と睡眠が必要です。

気分だけで判断して、カラダの不調に気がつかないでいる人は要注意です。



ちゃんと「カラダのチューニング」かなっていますか?

ユックリ呼吸を整えて、背筋がちゃんと伸びるかどうか、それだけチェックするだけでも、今のカラダのバランスを知ることができます。

※チューニングが狂っていると、背骨がまっすぐ伸びません。
仰向けに寝て、背中が床にペッタリくっつくか、それだけチェックするだけでも、チューニングがずれているかがわかります。



とかく「チューニング」の狂う極端な暑さ。

なにぶん、自覚のない夏バテが多い今年の夏です。

無理は禁物。

どうぞどうぞ、お大事に。

www.mag2.com