身近に役立つ東洋医学の発想術

東洋医学と易のユニークな発想で今日の一日をもうちょっとhappyに。

目的と手段の取り違え サッサと守破離

こんにちは。易占と鍼灸の仙亀です。


今日は日中外出することもあり、厳しい梅雨の晴れ間を肌で感じました。

東京都議選にむけて、ぼくが住んでいる杉並区もなんだかざわついています。

怖いのは熱中症ですね。選挙戦でヒートアップして暑くなるのはよいのですが、湿度を含むむし暑さは、意外とカラダに熱をこもらせて、水分をとってもなかなか体温が充分に下がりません。

ひきつづき、鍼灸施術を希望される方が多いのですが、カラダに熱をこもらせて体調不良を起こされている方が多いです。

回復時間をたくさんとるために、熟睡できるコンディション作りを応援しているこのごろです。



守破離ということ】
さて、伝統芸能など、師匠について型をおぼえその教えをしっかり守りとおし、やがてそれを突き破り、師匠を超えていく。

守って、破って、離れていく、「守破離」なんて言葉で表現されます。


鍼灸のような技術を用いる世界にも、「守破離」ということがあります。

ぼくも10年同じ師匠について、施術のやり方などを学ばせて頂きました。



今、教えていただいた技術や考えをしっかり受け継いでいるかといえば、「NO」です。


鍼灸師はサッサと守破離
10年師匠について、ぼくの知らないこと、わからないことを教えていただきながら、自分だったらどうするか、ということを常々考えていました。
なぜなら、臨床の場で教わったことが通用しないことがたくさんあるからです。


鍼の師匠とぼくの臨床では、現場が違います。

また、技術的な教えというのは、いくら言葉を尽くしても伝えきることができません。

ぼく自身、人に伝える、教える、という機会を持ったこともありますが、伝えきれないジレンマばかり感じました。

ぼくの経験では、通り一遍のやり方は教えられるけど、真髄はムリ。


そもそも、技術の核心は自分で見つけるもので、教わるものではない。

そんなわけで、10年という時間「守」ということに費やした後、師匠の元を離れたらいかにして「破」するかばかり考え、思考錯誤して技術や臨床や経営の在り方を探し続けました。

そのためにも、自分の技術の支えになる鍼灸師としての根本をみつけることが大きな「鍵」となりました。



【自分の臨床は根っこから自分でつくる】
そもそもの根本は、ぼくと鍼の師匠では異なります。

自分の鍼灸師の根本をみつけてしっかり見つめることができたら、サッサと「離」することができました。


伝統は受け継いでいくもの。「守破離」の在り方は決して崩れない根本を守るための小さな変化。

鍼灸師のようなひとりひとりが独自で腕を磨き研鑽するものは、師匠についてもサッサと「守破離」をすませて、自分の世界を作り出していくもの。



鍼灸師の習いは「手段」です。現場で不足や不便、不十分を感じたら、ササッと「守破離」。

そして、自分の世界である「鍼灸師としてのありかた=目的」は明確にしておくこと。
いつまでも「手段」にこだわっていたら、いつまでも自分の「目的」を果たすことはできないよ。

今までぼくが鍼灸のことを教えた人たちに、当時、厳しくて言えなかったこと、今から届くといいな。

www.mag2.com