身近に役立つ東洋医学の発想術

東洋医学と易のユニークな発想で今日の一日をもうちょっとhappyに。

若いうちは苦労は買ってでもしろ!は、若いうちだけ!

こんにちは。易占と鍼灸の仙亀です。


今日、鍼灸施術をご希望された方の中に、とてもがんばり屋さんの方がいらっしゃり、脈とお腹を診て見れば「(東洋医学的に)腎盂炎一歩手前」の状態。

なんでもここ数日、夜の熱が下がらず日中もずっとだるいとか。

そうなる前に扁桃腺が腫れて高熱が出ていたこともあり、心配で病院受診するもとくに病気ということでもなく。


お腹の状態をみれば、ずいぶん疲労をため込み回復に十分な時間をとれていない様子。

脈をみれば、カラダに熱がこもっていて、扁桃腺炎の後も無理を続けてこられていることがわかります。

※体調の見立てをお伝えすると、そのとおり、とのお返事。


「20歳過ぎると、がんばっちゃダメですよぉ」とお伝えします。

じゃあ、20歳前はがんばっていいのですか?と聞かれるので、20歳くらいまでのカラダが発育する期間は、カラダにかけたご苦労はよい鍛錬となり「もっと丈夫にならなきゃ」というカラダのさらなるビルドアップする活力となります。

ただ、20歳を過ぎるあたりから、カラダのもっと丈夫になろう!という発育のモチベーションは下がる一方。

そんな中、無理をかけたりがんばっても、苦労に反発してカラダがバージョンアップすることはありません。



東洋医学では女性は7の倍数で、男性は8の倍数でカラダのターニングポイントを迎えます。

女性の充分なカラダの発育が完成する時期は、7×3=21歳。男性は8×3=24歳。

これ以降、男性も女性もココロの発育や活躍する社会でのかかわり合いを通して、自分のカラダの使い方が上手になっていきます。

※20歳以降は完成されたカラダの使い方を上手に用いることで、丈夫を維持し続けることができます。また、筋肉は鍛え続けることができますし、運動なども鍛錬すれば上手になります。
ただ、カラダの芯の力をベースアップできる時期は過ぎちゃっている、と東洋医学では考えます。



もともとがんばり屋さんな性質の方は、高熱や病気をしても「まあ、こんなもんだろう」とタカをくくってしまいがち。

でも、ため込む疲労や回復しきれていないカラダは、やはり加齢や不摂生(今のコンディションに適っていないライフスタイル)で、「ボロ」が出てきやすくなります。



ことしは、気がつかないで体調不良を起こしている人がめだちます。

湿気の影響は知らず知らずのうちにカラダを頑張らせていたりして。そんな負担にも気が付ける気持ちのゆとりが持てたらいいのにな。

無茶ながんばりは禁物ですが、やっちまった無茶・がんばりの後は、帳尻合わせの休憩、休息がしっかりとれたらいいですね。

そんな回復を鍼の施術で応援していきます。

博心堂鍼灸院

www.mag2.com