身近に役立つ東洋医学の発想術

東洋医学と易のユニークな発想で今日の一日をもうちょっとhappyに。

増えてる、気になる、ジンマシン

こんにちは。易占と鍼灸の仙亀です。


7月から鍼灸院の体制を変えるため、6月中に新しく始める鍼の施術の無料体験期間を設けています。

体験とは言っても、「本気モード」ですでにスタートしているといった感じです。

体験希望の方の体調が、関東地方梅雨入りの報道があったあたりから、よろしくない人が増えています。

あるいは、鍼の施術の方が手技療法よりも「突っ込んだ施術」ができるから、そうみえるのかもしれません。


7月から料金が変更のため、いまのうちに日程をつめて施術を受ける方もいらっしゃいます。

手技療法よりも鍼施術の方が「よく効く」と実感される方が多いのは、鍼の施術を再開してみてうれしいこと。



6月はカラ梅雨でスタートしましたが、気温が上がりすでにエアコンがあちらこちらで効いているからか、カラダが冷えている人が増えています。

気温が高いのに冷気や湿気でカラダを冷やすと、皮膚表面の血流が悪くなりカラダの浅いところでむくみやうっ血がおこりやすくなります。

カラダに元気があれば、こうした滞りは寝ている間にちゃんと解毒ろ過されるのですが、天候不順や日頃忙しく過ごしていると普段通りの睡眠時間では回復時間が不十分。
疲れと滞りを持ち越したカラダは、翌日、こもった熱やうっ血、むくみを抱えて過ごします。

負担を抱え続けるカラダは内臓の働きが十分に高まらないので、体内は全体的に冷え気味です。
低体温で皮膚表面に滞りのあるカラダが外界からのストレスを感じると、過敏反応であるジンマシンがおこりやすいです。



ジンマシンは湿疹とは異なり、比較的短い時間で消えてしまいますが、慢性化するとぶり返しやすくなります。

精神的ストレスが原因の慢性ジンマシンは全体の1/3ほどあるそうで、時間やスケジュールに追われて過ごしているひとや対人関係に負担を感じる人は、むし暑くてエアコンの効く今年の梅雨は要注意ですね。



ジンマシンの症状対策は現代医学でも色々言われていますが、東洋医学ではカラダのそもそものコンディションに目を向けます。

低体温→皮膚表面のうっ血→皮膚の過敏→ジンマシン

そもそもは内臓機能低下の低体温。

原因は天候不順やいそがしさによる緊張、ストレスによる消耗、寝不足による疲労の蓄積、などなど。

ジンマシンはこうした生活習慣の無理や負担を教えてくれるカラダの声です。



ジンマシンが出やすいということで鍼の施術を受けに来られる方には、個別に体調のバランスと生活のアドバイスを差し上げています。

まずはお腹をあったかくして、ゆっくりたくさん寝ることが大事かと。

普段ジンマシンが出ない人でも、いつもより肌がパッツンパッツンに感じて色が白く感じるようなら、皮下の血行が悪くなっているかもしれません。

過食や寝不足をするとジンマシンの心配もありますから、肌のむくみにはちょっと注目して過ごすとよいですね。

東洋医学の発想術、お役に立てば幸いです。

博心堂鍼灸院 

www.mag2.com