身近に役立つ東洋医学の発想術

東洋医学と易のユニークな発想で今日の一日をもうちょっとhappyに。

梅雨のむくみとこむら返り

こんにちは。易占と鍼灸の仙亀です。


東京も梅雨に入りましたが、あまりジメジメシトシトという雨降りにも見舞われず、お日様の力を借りて乾く洗濯物に感謝する日々です。

それでも、関東地方の梅雨入りの報道がされたあたりから、足のむくみやこむら返り、ひざの痛みやしつこい腰痛をうったえる方がふえました。

鍼灸の施術を目的におこしくださるので、カラダのあちこちを拝見しながら、必要なところへ鍼をあてていきます。

患者さんのお身体に手を当てて感じるのは、息がとても浅くなって脈に力強さを感じないこと。


日本の東洋医学には「脈診」といって、相手の方の手首の脈をとって、脈の拍動の様々な状態から体調や症状の原因を探る方法がいくつかあります。

ぼくも在学中お世話になった鍼灸学校の脈診のやり方や、外部のセミナー、そして、10年来お世話になったところでの脈診を数種類手ほどきを受けました。

また、「難経(なんぎょう)」や「脈経(みゃくきょう)」という名前の脈診に関して詳しく書き残された東洋医学の古典なども読む機会があり、脈をとることに関心や必要性を強く感じます。

梅雨時、湿気の影響を受けると脈拍は一見弱く感じます。

じつは湿度の影響で体温が下がると脈の拍動は弱くなったり、気力がなえたカラダは表面の筋肉の緊張が弱るので深いところで売っている脈の拍動を体表まで伝えにくくなります。
そのため一見弱く脈が沈みこんでしまったように感じるわけです。
※暑いと体内の熱を汗として発散するために脈は旺盛になり拍動も強く脈は浮き気味に感じます。


脈の状態の説明にあるように、今むくみやこむら返りが気になる人のコンディションは、代謝が落ちてカラダに気力が備わっていない状態です。

そのためむくみの原因は、不十分な血流でしょうし、こむら返りをするのは低体温で不活発な内臓を守るために足腰の筋肉の委縮と考えられます。

実際、足腰や背中が縮こまるように猫背で腰が抜けたようなシルエットをされています。

※もし気になるようなら、大きな鏡やおうちの姿見で姿勢をチェックしてみましょう。
鏡がなくても、体幹部が後ろに反りかえりづらかったり、膝裏の筋が突っ張ってのびないようなら、血流不足と内臓の冷えです。


ここのところ、縮こまった足腰であることを自覚していない人はよくケガをするようです。

ケガでなくても膝や腰を痛めて鍼の施術に来られる方が増えていますから、じつはしっかり梅雨の影響を受けておられることを、ぼくはこんなところから季節の風流を感じさせていただいております。



鍼灸の施術では、症状のある下半身よりも、呼吸や脈拍に関係のある胸や肩に注目します。

心臓や肺という息や脈のポンプの働きをたかめることで、体温を高めて血流をうながし呼吸の力で内臓を温める刺激を強めることができます。

今日も施術時間外にお越しになられた方が復数人いらっしゃいました。
時間にゆとりのあることもあり、ちょっと長めの立ち話。
一汗かくほどではありませんでしたが、ちょっと笑い声が出るくらいの楽しいおしゃべりをして、呼吸と脈の力をたかめます。

そう、梅雨のむくみやこむら返りを予防するには、しっかり笑ったり胸を震わせるような感動があったりするとよいのです。エッヘン!

まぁ、それほど感動的な出来事の中で毎日暮らすのも難しいので、息がはずむ程度のジョギングはおススメです。

「雑巾がけ」から始まる 禅が教えるほんものの生活力

「雑巾がけ」から始まる 禅が教えるほんものの生活力

 

 雨降りが心配、ケガや転倒が心配、という方は、ぼくと一緒に床の雑巾がけでもしましょうか。

 足を大きく開いて大きく右に左に雑巾をかけていくやり方は、禅宗のお坊さんたちのやり方を真似してみます。

禅に学ぶくらしの整え方 (オレンジページムック)

禅に学ぶくらしの整え方 (オレンジページムック)

 

 ケガのリスクも少ないし、お部屋もきれいになり、ココロも晴れ晴れするというところでは、3倍お得。そんな煩悩もいっしょに拭きとってしまおうかと、さてさてわが家の雑巾はどこにたたんであるのかな?

博心堂鍼灸院
それでもやっぱり手軽に楽になりたいという人には、鍼の施術をおススメしちゃいます。6月中の無料の鍼の体験期間中に、鍼の施術のご希望者が増えているのはありがたいこと。
さて、7月には行ったら皆さんどうされるんだろう。
そんな患者さんの行動の変化がちょっと見ものです。